今年も長岡の花火大会へ。世界一いや宇宙一の豪華さ

2018/8/2(金)

FUJIROCKも終わって、普段通りの越後湯沢。長岡花火のお客さんが戻る前でまだ静かです。

今夜も風の谷HEAVENへ。夜10時くらいの温泉街は、ちらほら人が歩いてただけだったのに、11時くらいに長岡からの花火鑑賞帰りのお客さんが、どどっと入って来ました。

白バイ貝の酒蒸し、モノは小さめですが、濃いのが詰まってます。キス天は身が締まっています。八色椎茸は天ぷらでなく焼いてもらいました。これがまた美味い。

2018/8/3(土)

昨夜は普段通りの温泉街って思ってたら、夏休み+長岡花火で大賑わいの湯沢です。長岡へ。

今年もお招きいただき、長岡の大花火大会。去年は木金開催の金曜に来ましたが、今日は土曜日で恐ろしい人。長岡駅からの!延々左岸までのてくてくは、原宿・渋谷の混雑振りです。

ナイアガラが装着されている、約1Kmある長岡大橋を渡って、左岸B会場に到着。マジ汗だくっす。

長岡市の人口約27万人に対して、2日間ののべ動員104万人。明らかにキャパオーバー。

19:20 10号3発を皮切りに、ナイアガラ超大型スターマイン、ベスビアス超大型スターマインと続いて行きます。左岸スポンサー席は目の前にスターマインが上がる特等席。

長岡花火を終えて、そのまま友人宅に。長生橋そばに代行を使って車を止めてあり、人混みに巻き込まれて長岡駅から超満員の新幹線に乗るのとは大違いです。

世界一!いや!宇宙一!長岡の大花火大会。もう何回目になったでしょうか。毎回、スポンサーの阿部製作所さま、高橋さんにお世話になって、いい席で観させていただいています。

【4K】復興祈願花火フェニックス2019

【4K】長岡花火2019/8/3 故郷はひとつ

【4K】この空の花

【4K】正三尺玉(三連発・単発)

2018/8/4(日)

花火と酒の余韻が醒めやらない日曜日。高橋夫妻宅に泊まり込み、朝からラーメン。長岡のソウルフード、長岡生姜。10時オープン直後から続々人が入ってきます。

モチモチ麺、長岡生姜系としては薄目な味付けですが、卓上にラーメンたれも用意されています。濃くして更に旨いスープ。餃子もこまかめな餡でいいですねえ。

数あるお店の中でも地元愛の強いあおきや、11時前にはほぼ満席です。

東京戻りの前に、鼎で。なんかフジロックよりボロボロに疲れてます。お通しがイカ酢だったのに、イカ被りでイカの一夜干し。タウリン補給したかったのでしょうか。そして、話には聞いていた見附の油揚げ。一見、栃尾の油揚げですが、ジュワーとするところが違いがあって旨いです。

さて、東京に戻ります。