自宅ルーターの設定も、自前ルーター使用でほぼ終了

auひかりのKDDIから送られてきたルーターaterm BL172HVでは、IP(DNS)フォワーディングによる、自宅のサーバー設定ができず、自宅内からwaskaz.comドメインにアクセスするには、ローカルIP(192.168とか172.16とか)を直接指定しないとならなかったのです。
これはかなり不便で、これまで通り、これをなんとか、waskaz.comでできないかググってみたところ、これまで使っていたルーターをかませることで、解決しそうになってきました。
このaterm BL172HVは、内部にVDSLモデムとBBルーターを内蔵しているようで、その間の接続はLANケーブルで、外部でつながれています。これを外し、HGW(HomeGateWay)端子に、自前ルーターのBRC-14VGを接続するという技です。
でも、これだけでは、KDDIからIPを振ってもらえないようです。これには、モデムのMACアドレスが関与しているらしく、BL172HVのMACアドレスを、BRC-14VGに与えてやることで解決しました。
これで、元の環境に。
この裏技は、さすがgoogle先生。様々なサイトを参照することで解決。でも、KDDIから与えられるIPはDHCPによるリース。とりあえず、1回目のリース更新は終了しましたが、次はどうなるか。予断は許しません。
google先生と、先人たちの知恵公開に感謝!!

One thought on “自宅ルーターの設定も、自前ルーター使用でほぼ終了

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0 AppEngine-Google; (+http://code.google.com/appengine; appid: s~mysteryboy8888)
    省電力ECOの観点から、HGWのモデムだけ動作することになりましたでしょうか。
    電源プラグは1個だけあると思いますので、HGWのBBルーター部分は、出番なしになったにも関わらず電力消耗しているところに気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です