また!! 「予想外」の停止 SoftBank⇔ DoCoMo,au どっちがどっち?

24日から始まったMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)制度ですが、この土日で、制度利用者が膨らみまくり、Soft Bank(以下SB)と、DoCoMo、SBとauの間での乗り換えが停止状態となっているらしい。ニュースなどで様々報道がされていますが、では、各社からの発表文を見てみる。
au お知らせ
DoCoMo 重要なお知らせ
Soft Bank お知らせ 
停止についての各社発表文は、このリンク、または「▽続き」にも載せています。
実は、SBからau、DoCoMoへの流出が多いのかもしれないです。と言うのも、
1. au、DoCoMoともに、SBからやってくる人が多くて、SB内での処理が間に合わず、SBが停止状態になったと言っている。
2. また、SBは自社からの「転出・転入の増加」に触れずに「各種申し込みが殺到」としている点が怪しい。
まさに、「予想外」の事態なのかもしれませんが、SB社は以前Yahoo!!BB開始時に、申し込みを受け付けるだけ受付て、工事遅延で顧客を長期待たせ、ぶちきれた顧客が総務省に掛け合い、総務省から指導されたことが有ったと思います。私も、その時2ヶ月以上何の連絡も無く待たされ、痺れを切らしてACCA社に乗り換えた経験があります。当時、ADSL難民として結構話題になりました。
SB社は、インフラを非力な技術力で賄うサービスの一種としか考えていないのでしょうか。ADSLの恨みからなかなか抜け切れない私です。
停止についての各社発表文は、この後の「▽続き」に載せています。


各社からの発表文
まず、DoCoMo。
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/061029_00_m.html
重要なお知らせ 2006年10月29日
ソフトバンクモバイルとのMNP新規受付停止について
--------------------------------------------------------------------------------
平素は、弊社のサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
昨日10月28日に引き続き、ソフトバンクモバイル社(以下、SBM社)から弊社へ移転されるお客様の増加に伴い、SBM社のシステム処理遅延障害が発生したため、弊社携帯電話へのMNP受付を停止しております。
また、弊社からSBM社へのMNP受付につきましても現在停止しております。
現在弊社からSBM社へ厳重な抗議を行い、システム回復に向けた早期対策と、抜本的な対応を求めています。
今後につきましては、SBM社のシステム回復を確認のうえ、受付を再開することといたします。
お客様に対しましては、再度ご迷惑をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます。
次に、au。
http://www.au.kddi.com/news/au_top/information/au_info_20061029114613.html
お知らせ 2006/10/29
平素は、弊社サービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
昨日10月28日に引き続き、ソフトバンクモバイル社(以下、SBM)から弊社へ移転されるお客様の増加に伴い、SBM社のシステム処理遅延障害が発生したため、弊社携帯電話へのMNP受付を停止しております。
また、弊社からSBM社へのMNP受付につきましても現在停止しております。
現在弊社からSBM社へ厳重な抗議を行い、システム回復に向けた早期対策と抜本的な対応を求めています。
今後につきましては、SBM社のシステム回復を確認のうえ、受付を再開することといたします。
お客様に対しましては、再度ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
最後に、SoftBank。
http://broadband.mb.softbank.jp/corporate/release/pdf/20061029j_2.pdf
お知らせ 2006年10月29日
MNPに関する申込の本日分受付の停止について
ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)では、全国のソフトバンク携帯電話取扱店において、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)に関する受付業務を停止しておりましたが、本日同業務ついて、業務時間終了まで、受付業務の停止を継続いたします。
また、現在、MNPによる他社への転出および他社からの転入の受付を停止しておりますが、その他の新規受付や契約変更業務など、MNP以外の業務は業務時間終了まで通常通り受け付けます。
このたびはお客さまからの各種申し込みが殺到し、申し込みの受付ができなくなりましたが、登録システムの見直しや増強など、受付業務が滞らない対策を引き続き検討・実施してまいります。
明日以降の受付については、各事業者と協議のうえ、受付業務および実施可否を決定いたします。
お客さまには大変ご迷惑をお掛けしておりますことを、深くお詫び申し上げます。
以 上

4 thoughts on “また!! 「予想外」の停止 SoftBank⇔ DoCoMo,au どっちがどっち?

  1. AGENT: KDDI-CA33 UP.Browser/6.2.0.10.4 (GUI) MMP/2.0
    今朝の「トクダネ」がこの論法で、またADSLの話まで持ち出してやってました。
    一応、これは私の持論ですから。余りに一般論なので独自性は薄いですけどね。

  2. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    日経の記事より。また止めちゃうんじゃない??
    予想外の営業時間。
    +++++++++++++++++++++++++++++++
    ソフトバンク、携帯電話乗り換え契約の受付業務を再開
     ソフトバンクモバイルは30日午前、携帯電話の番号を変えずに他社に乗り換える契約の受付業務を再開した。想定数以上の契約申請を受けてシステム障害が発生、28、29の両日は受付業務を途中で停止したが、通常の新規契約の顧客対応を後回しにするなどシステムの負荷を軽減して対応する。しかし、当面の応急措置に過ぎず、ソフトバンクとの間での顧客の移行処理が滞っていたNTTドコモとKDDI(au)は「システムの稼働状況を注視していく」としている。
     30日早朝にドコモ、KDDIに対応を説明し、受付業務の再開を決めた。ソフトバンクは乗り換え契約の処理を通常の契約処理よりも優先し、データ処理の人員も急きょ増強したという。平日は休日に比べ契約申請者が減るとの見通しもある。一方、新規契約や携帯機種の変更の顧客対応は時間帯によっては通常より時間がかかる恐れがある。 (11:28)

  3. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    au、MNPを使った転入ユーザーが10万人突破
    impress watch (津田 啓夢) 2006/10/30 16:38
     KDDIおよび沖縄セルラーは、電話番号を変えずに携帯電話会社を乗り換えられる、いわゆる携帯電話の番号ポータビリティー制(MNP)を利用して、auへ乗り換えたユーザーが29日付けで10万人を突破したと発表した。
     同社が発表した速報ベースの数値では、auに乗り換えた転入ユーザーの数は29日時点で10万1,200件、逆にauから他社へ乗換えた転出ユーザーは20,600件となっている。なお、同社ではこの数値について、「ソフトバンクモバイルのシステム処理遅延障害でMNP業務を一部停止した上での状況」とも説明している。
     MNPがスタートして最初の土日となった28日と29日は、ソフトバンクのシステム障害によって、ソフトバンクからauやドコモへの転入が行なえなくなった。これを受けてauとドコモでは、ソフトバンクへの転出を停止。両社はソフトバンクへ抗議するとともに、改善を求めている。また、総務省でも29日より原因究明を求めている。
     なお、NTTドコモでは、現時点で数値を公表していない。同社広報部によれば、「全体的にはドコモに乗り換える転入よりも転出が多い状況。ただし、ソフトバンクとドコモに限っていえば、ドコモからソフトバンクへの転出よりも、ソフトバンクからMNPを利用してドコモへ転入してくるユーザーの方が多い状況だ」としている。
    KDDI ニュースリリース
    http://www.kddi.com/corporate/news_release/2006/1030a/

  4. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    日経新聞10/31によると、各社の週末戦績は、
    au +10万件 -2万件 +8万件
    DoCoMo -6万件
    SoftBank -2万件
    だったらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です