蒲田餃子旅の日曜日。蒲田羽根付き餃子三兄弟巡り

2020/5/24(日)

大森餃子旅( http://waskaz.com/blog/?p=1450 )から4年。今日は、羽根付き餃子の聖地蒲田。未食だった金春本店が休業中。まずは近くの你好(ニーハオ)本店。厚くはないけどもちっとした皮。汁が吹き出す肉感ある餡です。ペキペキの羽根の焼き色も美しいです。

シュウマイも注文してしまいました。こちらは肉にくしく、しっかり味が付いて美味しいです。餃子よりふわっとしてます。

蒲田餃子旅の2軒目は歓迎(ほあんよん)。本店に行ったら月末まで休業中。近くの支店はやってると言うことであやめ橋店へ。厚めのもちもち皮で、ざっくり野菜も入った肉餃子です。

ニンニクナシなので、ニンニクタレも言えば持ってきてくれます。ピリッとして旨い。

蒲田餃子旅3軒目は春香園。金春の息子さんのお店ですが、かなり違うとの事。厚くはない皮で、キャベツ多め。お肉もプリプリでお汁ジュワー。そして大きい。

3皿目になるとボリュームにやられそうです。しかし立派な羽根です。

蒲田餃子旅4軒目です。さすがに春香園からは間を空けたのですが、餃子oneが休みだったので、金春新館に行くことに。入ってみて、メニューが春香園と同じ。

本館・本館2号店が父、新館・春香園が息子でしょうか。新館・春香園はほぼ一緒の味でした。店が開いたら本館で確認しないと。旨いのでヨシとしましょう。

蒲田餃子旅4軒ハシゴ。羽根付き餃子の聖地蒲田。中国残留孤児であった?好の八木さんが羽根付き餃子を店に出して、兄弟3人が歓迎、金春を展開した事から聖地になったのは有名な話。その3つをと思ったら、金春本館ができませんでした。 蒲田往復と、ぐるぐる回って27Kmはそれなりに走った方です。明日にも首都圏も緊急事態宣言解除か?